日本キリスト教団 八ヶ岳伝道所
伝道所 紹介 集会のご案内 牧師 紹介 説教/メッセージ アクセス ブログ
 
    <日本基督教団 八ヶ岳伝道所の歩み>
 
 八ヶ岳伝道所の歴史は、日本基督教団東京教区西支区のロゴス教会で見習い修行していた山本護伝道師が、1992年に山梨県北巨摩郡明野村へ移り住んだ時の自宅礼拝から始まります。
 1994年、按手礼を受けて牧師になったことを機に、山本牧師はロゴス教会を辞して、山梨県北西部の八ヶ岳周辺で公に開拓伝道を始めました。
 当初は信徒が一人もいない礼拝でしたが、淡々と続けているうちに信徒が集められ、受洗者も生まれ、2008年6月6日、日本基督教団に加盟。2015年6月現在「現住陪餐会員24名、未陪餐会員4名、客員会員や求道者が数名」 というささやかなキリストの身体に成長しました。
 牧師宅、信徒の店舗や農場などを巡りながらおこなっていた週毎の礼拝も、2010年に教会用地を取得。2011年から礼拝堂を建て始め、2012年の復活祭以後は未完成の礼拝堂において礼拝を守るようになりました。
 建築計画としては、「まず十字架と礼拝堂から建てる」「借金はせず可能な所は自分たちで作る」という考えによって進めています。2015年6月現在、礼拝堂はほぼ完成し、今は引き続き集会所をこつこつ建てています。
 私たち八ヶ岳伝道所は、「キリストの声に耳を澄ませつつ、教会として何をするか」ということを常に問いながら歩んでいます。柔らかく試み、日々の一歩一歩を確かめ、キリストが招かれる方向へ進んで行きたいと願っています。
     


八ヶ岳伝道所
〒408-0012 北杜市高根町箕輪2265-3
牧師宅・連絡先
〒408-0205 山梨県北社市明野町浅尾新田1324番地
TEL:0551-25-4008 komechan.olive@orange.zero.jp


 
 
お知らせ inserted by FC2 system